インフォメーション
Infomation

小牧山さくらまつり

最近、各情報番組で桜の話題がとびかっていますね。
ついこの間、お正月を迎えたと思ったらもうお花見シーズン!

小牧市の『小牧山さくらまつり』も開花状況にあわせ、4月1日スタート予定を3月25日スタートに繰り上げられたそうです。
そう!!もう始まっているのです!

桜の開花には水分も必要で、この時期の雨は重要とテレビで言っているのを耳にしました。まさに、今日雨が降りそうな天気・・・
この雨で開花が進み、満開の桜を楽しめる日も近そうですね♪

まだまだ朝晩は冷え込みますので風邪などひかれないよう、防寒対策もお忘れなく(^−^)

HEMS(ヘムス)ってご存知ですか??

「HEMS(ヘムス)」とは
「Home Energy Management System」
(ホームエネルギーマネジメントシステム)の略。

 電気やガスなどの使用量をモニター画面で確認できる、つまり「見える化」させることで、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。
 HEMSがあると、一日や週単位、または家電ごとの電気代をグラフで見ることができます。待機電力も確認でき、電気の無駄が一目で分かります。
 また電気を使いすぎてしまった場合には、自動で機器を節電モードに切り替えることも。電気代の高い日中は節電し、安い夜間に洗濯機や食洗機を自動運転させることもできます。

(イメージ画像:パナソニック)

たくさんのご来場、ありがとうございました(^O^)/

23日土曜日にタカラスタンダード小牧ショールームにて開催しました『リフォーム相談会』ではたくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

今週は暖かい日も続くようで、花粉症の方々で症状が出始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか??
花粉症の症状を悪化させない為に
・刺激物の多い食事を控える
・タバコやアルコールを控える
・規則正しい生活を心がける
・過労、睡眠不足を避ける
・ストレスをためない

花粉症の症状があるときにお酒を飲みすぎると、血管を拡張させ鼻づまりや目の充血などの症状を起こしやすくします。
また、タバコや香辛料なども花の粘膜を刺激して花粉症の症状を悪化させますので、できるだけ控えましょう。

ペットがいても安心!やぶれにくい網戸

まだまだ花粉が多く苦労されている方もいらっしゃることと思います・・・(>-<)

窓を開けるなんてとんでもない!!状況かと思いますが、ニュースなどではお花見に関する情報なども聞かれるようになり、もう少し頑張ると気候もあたたかくなって窓を開けて自然の風を取り入れたくなりますよね♪
 そんな時に欠かせない網戸ですが、ペットが網戸をひっかいてしまうことはありませんか?
 一般的な網戸はポリプロピレンでできているため、爪でひっかくとほつれて破けてしまいます。一方、ペット専用網戸はネットに樹脂コーティングが施されているので、破れにくくなっています。ペットが爪でひっかいても破れません。
 ペットが網戸を開けてしまわないようにロックできるものもあります。これなら、ペットがいても安心して網戸にしておけますね。

花粉症の症状を和らげるペパーミント

雨の翌日、晴れて気温が上がると・・・花粉の飛散がすごいそうです。。。(T^T)

花粉症の予防や改善に役立つ食品として、ヨーグルトや緑茶などが知られていますが、ペパーミントにも花粉症の症状を和らげる効果があります。
ペパーミントにはメントールなどの抗ヒスタミン成分が含まれており、炎症性物質の分泌をブロックする働きがあります。
 花粉症対策としてペパーミントを日々の暮らしに取り入れるには、ハーブティーがおすすめです。市販のティーバッグで気軽に試してみましょう。マスクに精油を垂らすなど、香りだけで鼻詰まりが解消されることもあります。
 ペパーミントの爽やかな香りで、つらい花粉症のシーズンを少しでも楽に過ごしたいですね。

寝る前の1時間に何をする??

寝る前の1時間に何をする??
睡眠満足度が高いのは「読書」

皆さんは寝る前の1時間に何をしていますか?
調査したところ、1位は「テレビを観る」でした。続いて、2位は「パソコン」、3位「スマホ」となり、4位は「読書」という結果に。
また、睡眠前の過ごし方別に、それぞれの睡眠満足度を調査すると、睡眠満足度が高いのは「読書」で、6割近い人が満足しているという回答でした。一方でパソコンやスマホなどをして過ごす人は満足度が低いということがわかりました。
自然な睡眠を誘う「メラトニン」というホルモンがありますが、スマホなどの光を夜に浴びると、このメラトニンの分泌量が抑制され、寝つきが悪くなってしまいます。
しかも、睡眠不足は肥満となりやすいホルモン環境を作り、高血圧や2型糖尿病になるリスクを高めます。逆に、睡眠不足を解消することで体重管理が容易になります。←←社長に教えなくては!!(笑)
眠りが浅いなど、睡眠に満足していないなら、寝る前の過ごし方を変えてみるのもよいかもしれませんね。

花粉を通さない網戸で快適♪

ここ数日、暖かい日が続きましたが一変!!また厳しい寒さに逆戻りですね!そんな寒い冬が終わると暖かい春が・・・♥と同時に花粉の季節に(>_<)
 花粉の季節はなかなか窓が開けられず空気の入れ替えができないというお宅も多いのではないでしょうか?そんなお悩みを解決してくれる網戸があります。
 高密度フィルターと防虫ネットを重ねた二重構造の網戸なので、花粉やホコリが通り抜けにくくなっています。80%以上の花粉やほこりの侵入を阻止することが可能です。
 この網戸なら、花粉の気になる季節も安心して窓を開け、外の空気を取り入れることができますね。
◎●○リフォームの各種施工事例はこちらから◎●○
◎●○外壁に関する情報・施工事例はこちらから◎●○

夫に頑張ってほしい家事は「食事の片づけ」

<暮らしのデータ>
Q.夫にもっと家庭で頑張ってほしいと思うこと(複数回答)出典:日本FP協会

料理22% 部屋の掃除27% ゴミ出し30%
お風呂の準備31% 整理整頓32% 食事の片づけ36%

 結婚している女性に、家庭で夫に頑張ってもらいたいことは何かと尋ねたところ、最も多かった回答は「食事の片づけ」(36%)でした。次いで3割を超えた回答には「整理整頓」「お風呂の準備」「ゴミ出し」がありました(複数回答)。
 「食事の片づけ」が1位になったのは、「食事を作る人と片付ける人」のように家事を分担したいという気持ちの表れかもしれません。「料理をお願い」とまでは言わないけれど、「食事の片づけ」をしてくれれば、キッチンから離れる時間を確保できるのにと思っている女性が多いようです。上手に助け合って、毎日の家事を切り盛りできるといいですね。

昭和35年の大ブーム ダッコちゃん

昭和にタイムスリップ
古き良き時代、昭和。
あのころに流行ったあれこれを調べてみました。

昭和35年の大ブーム ダッコちゃん
 空気で膨らませるビニール人形で、どこにでもぶら下げられる腕の形が特徴的な「ダッコちゃん人形」。ブームになったのは昭和35年です。若い女性が腕に巻き付けて街を歩く姿がテレビに流れると、人気に拍車がかかり、在庫不足になるほどでした。
 ダッコちゃん人形は、昭和を代表するおもちゃのひとつです。
実は、「ダッコちゃん」というのは後からつけられた愛称で、元の名はウィンキーだったそうです。

<ぶらぶら体操で慢性疲労を改善>

1月も半ば過ぎ、年末年始等の疲れ出ていませんか??

就寝前や起床時、テレビを見ながらなど、ちょこっと体操してみましょう♪

?仰向けに寝て、両手両足を真上に上げる

?そのままの状態で、力を抜いて手足をぶらぶら揺らす


たったこれだけです(^O^)
寝ころんだ体勢で、両手両足を挙げてぶらぶらさせるだけの運動です。毛細血管やリンパの流れを促し慢性的な疲労や、むくみ、冷えなどの不調を改善します。